一生身に付ける結婚指輪選びで大切な平均予算【基礎的な知識】

二人の絆を結ぶ指輪

男の人と女の人

やはり知りたい平均価格

結婚が決まったカップルが、これだけは絶対押さえたいとあげるのが結婚指輪です。最近では、挙式や新婚旅行を行わない、届だけを提出する等、従来の結婚の形にとらわれないカップルが増えていますが、それでも97%以上が結婚指輪を購入しています。結婚指輪はカップルの絆を表すと同時に、周囲の人に結婚していることを知らせる役目を持ちます。また、基本的に一生つけ続けることから、お互いが納得して決めたものにすることが大切です。さて、結婚指輪を購入するにあたって、多くのカップルが最も気になると答えているのがその価格です。結婚はいろいろ物入りでもあることから、結婚指輪にどれくらいの予算をたてるべきか悩むこともあるでしょう。婚活サイト等の調査によると、平均的な予算はペアで24万円くらいと言われています。しかし、素材やデザイン、ブランド、また既成品かオーダーなどによって価格は大きく変わるのです。たとえば女性に人気のハイブランドで購入を考えた場合、シンプルな既成品ならペアで平均予算の24万円くらいで購入可能ですが、石付きやリング幅の広めのものなら30万円以上の予算が必要と言われています。また、一生に一度のものとあって、カップルの40%超がフルオーダーやセミオーダーの結婚指輪を購入しています。フルオーダーは、素材やデザインをカップルで決め、それを作ってもらいます。自分好みでなおかつ世界に一つしかない結婚指輪とあって、満足度の高いものです。セミオーダーは、様々な素材やデザインのパターンの中から、好みのものを組み合わせて選びます。フルオーダーほどの自由度はありませんが、好みに近くなおかつやや予算が少なくできるため人気が高いものです。一般の宝飾店でセミオーダーの結婚指輪を購入する場合は、ペアで18万円くらいの予算から可能、フルオーダーの場合は最低でもペアで30万円は見ておく必要があるでしょう。